tppとは

♥ 11月 18th, 2014 , Tags : , , No Comment

tppとは太平洋を囲む国々で貿易を行うときに、関税を撤廃しようという協定です。貿易に関することですから、経済大国のアメリカと日本に大きく関わってきます。

貿易が自由化することによって輸出が増え、日本にとってもメリットがありますが、デメリットの方が大きいと考えられ、反対している人もいます。

デメリットとしては、外国の安い農産物が入ってくることによって、農業にダメージを与える恐れがあること、農産物意外でも安い外国性の輸入が進むと日本国内がデフレ基調になることがあります。

食品の安全や、医療の自由化によって命にかかわることにもなるかもしれません。農林水産物関連の雇用が減ることも考えられます。経済大国にばかり輸入品が集まって、貧しい国はさらに貧しくなる恐れもあります。

基本的に全ての品目が対象ですが、日本国内の米産業だけは守ろうとする動きもあります。

まだ交渉途中ですが、相手国もあることですから、どうなるかわかりません。

tppの正式名称と意味について

♥ 11月 18th, 2014 , Tags : , , , , , No Comment

tppの正式名称は、TransPacificPartershipです。日本語での正式名称は、環太平洋戦略的経済提携協定です。ただし、これらの正式名称が使われることは少なく、冒頭の略称もしくは、環太平洋経済協定という呼称が一般的です。

以前より、この協定へ参加するかどうかの議論は行われてきましたが、安倍政権が事実上の参加表明を行ったことから、国民の間で関心が高まり現在に至っています。

この協定は、2010年3月にアメリカ、オーストラリアその他6ヵ国の計8ヵ国で交渉が始まり、その後カナダやメキシコ、そして日本などが追加で参加し、現在では12ヵ国間で交渉が行われています。

太平洋における貿易の高度な自由化を目的とし、非関税や新しい貿易の取り組みなどを含む包括的な協定です。

関税などの撤廃によって、参加国間による貿易が活性化することで、日本経済の活性化を見込めます。

具体的な内容は、関税撤廃や規制緩和の他、ISDS条項の批准、ラチェット規定などが含まれます。